農業 センター。 四日市市農業センター

意欲ある先進的農業者との連携強化 普及活動の展開にあたっては、意欲ある農業者や産地及びその育成に対して、技術を核に支援することで、革新的な産地と経営感覚に優れた経営体の育成を目指す。 先進農業者への直接指導 先進的な農業経営に取り組む農業法人や農業経営士等からの専門的な相談に対し、関係機関と連携し課題解決を図る。

・『広島県アスパラ収穫省力化 専用資材を開発』として 株 国際農業社 農村ニュースに掲載されました(令和3年1月28日) ・『土壌水分に合わせ適正かん水自動化 広島県など装置開発』として日本農業新聞に掲載されました(令和3年1月27日)。 (2)農業技術・農業経営の指導及び相談• 新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、下記のご協力をお願いします。

10

2.来所の際は,マスク等を着用するなど,咳エチケットにご協力ください。 農業改革を促進する研究開発 中期運営計画に基づく新品種、新技術の開発 中期運営計画に基づき、「ブランド力強化を支える新品種・新技術の開発」「先端技術の利活用による省力化、低コスト化技術の開発」等の4つの研究重点推進事項の推進や目標の進行管理に努める。

1

新鮮野菜、、お土産品などを販売しています。

2020年9月2日更新• ・マスク着用 ・発熱、咳症状のみられる方の来館の自粛 ・高齢の方や基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方の来館の自粛 ・3つの密(密閉、密集、密接)を避ける 皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。 2020年9月2日更新• 家畜を飼育しているため、動物同伴の入園はできません。

身体障がい者専用駐車場 〇 有料(減免の場合あり) 2台 トイレ• 利用申し込みは毎年2月1日から20日までです。

園芸相談 野菜や花 電話番号 052-805-1310 開催日 毎週水曜日、金曜日、日曜日(原則) 季節により異なりますのでお問い合わせください。 2020年9月2日更新• 仮設事務所では、会議室の貸出は行っておりませんので、ご了承ください。 令和5年3月まで、仮設事務所で対応します。

1

農業センターの愛称が「 delaふぁーむ」になりました。 ・『広島県育成レモン品種販売スタート お試しあれ』として日本農業新聞に掲載されました(令和3年2月19日)。

11