ナナカマド 博士。 ポケモン博士

登場時期:DA・XY オーキド博士がムトロ島で出会った、三匹のロトム。

13

(シャドウガイスト) 2000年• (テオ・パドリーノ)• そのため一部の作品で持ち役の降板を余儀なくされていた。 20歳の頃に「携帯獣研究序説」という本を書いてポケモン学会の注目を浴び、25歳の時にタマムシ大学携帯獣学部名誉教授になる。 (バーニー・キャッスル)• アフレコ現場 収録の際、台詞を決して間違えないことから、呑み仲間でもあるから「 精密機械」の異名を与えられた。

1

(ネッド・シャープ)• しかし、その図鑑自体も直接渡すのは代理となるソニアなので、シリーズで初めてポケモン博士が導入や御三家・図鑑プレゼントの役割を直接的に担わない。 、 2020年2月14日閲覧。

16

(パラガス)• 秘密指令S 第2話(カーター〈〉)• (ディクシー・デイヴィス〈ティモシー・ジェローム〉)• 「スペインの伯しゃく」(博士〈〉)• ラストUボート(ベック法務官)• 黄色のワンピースの上に白衣を羽織り、と思わしき意匠が施された杖を突いているのが特徴。 (ビッグダディ)• シーズン1 2(ジョン・ロングリー〈〉)• ダブルバトルで進む。

7

(ジョージズ・ジェロー大佐〈フィリップ・ドーン〉)• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• だが「怒ると怖い」という噂もあるらしく、実際に主人公がを受け取る場面で「いいえ」を選択すると 無言で威圧してくる他、相手に一歩も退かず説教をかますなどの一面も見せる。

18

ゲーム冒頭のメッセージ曰く、「ポケモン博士」として皆から慕われている。 それからは、どきどきしながらシナトラに吹き替えていたという。

19

(本人)• その後は、シに滞在しをくれたり、図鑑の評価をしてくれる。

15

その後で1963年に放送された海外ドラマ『アイランダーズ』ザック・マロイ役の吹き替えで初めて大きな役を担当する。 というかののようにむしろそっちの方で名前を知ったという人もいるほどでに呆れられていた。

2