貴乃花 洗脳。 貴乃花親方引退騒動、あの「洗脳騒動」を取材した記者が見た「そっくりな部分」

貴乃花親方がいろいろな事件で疲れていたことは分かっていましたが もう限界が来ていたのかもしれませんね。 今のところまだ終わりは見えない。 洗脳騒動や若乃花との絶縁宣言など、あまたの暗部が一気に覆い隠される事になったのだ。

15

テレビに出過ぎと非難する声もあるが、「貴乃花がしゃべらないことを責めますけど、もし話をしたら、いま(九州場所の)相撲は取れません。 』 と・・・ 目さえ合わせる事のなかった事実に他人事ながら 物凄い溝の深さと尋常では無い確執の深さを証明したかの ような事実を告発された気分になった。

5

1993年に史上最年少で大関昇進。

19

その後も相撲協会の公式の会合を次々と無断欠席。 件の祭主も同伴して出勤するなどやりたい放題だった。

貴乃花の常軌を逸脱した発言に二子山親方はワイドショーの取材に「貴乃花は洗脳されている」と告白。 そこでは警察に提出された診断書とは内容が異なり、より重傷と思われる診断名が羅列されていた。

7

当てはまるかどうかはわかりませんが 身近な話では 統合失調症の薬で出る副作用として ぼんやりした表情や こわばった表情になることも多いのだとか。 貴乃花の将来を思い、親身になって言葉を投げかけた二子山親方と、今回、協会に残るよう必死に説得にあたったというかつての同志・阿武松親方の姿が重なり合う。 貴乃花親方の兄の若乃花が、富田多四郎さんの治療院に行かなくなったきっかけは、若乃花の親父である二子山親方を侮辱したことだったそうです。

9

社会性 他の人と一緒にいるときに、どのように振る舞うべきかの力です。 「引退したらいずれ理事長になれる存在だから」 のちに「洗脳騒動」呼ばれる騒動は、9月に勃発した。 途中でいなくなった若乃花に不満を持ち、整体師が貴乃花を洗脳させたとのこと。

二子山親方によると、整体師による洗脳が発覚する4年前からすでに兆候はあったという。 二子山親方によると、整体師による洗脳が発覚する4年前からすでに兆候はあったという。 将来の理事長を信じていた「身内」の助言に貴乃花は聞く耳を持たず、我が道を歩んでいる。

2

貴乃花は株など手を出したこともないのに株で大損したと書かれたとか、彼女が銀座でメディアを巻いたら翌日「銀座で豪遊」と書かれたとか。 選挙では下馬評を覆し理事に当選。 あわせて読みたい関連本• だから横綱になれないんだ」 これを聞いた二子山親方と貴乃花親方のコメントはこうでした。

7