株 板 読み方。 “板読み!”株をやる以上”スイングトレーダー”でも知っておきたい知識を解説!

そして、板の厚い銘柄は『デイトレーダー』や、『証券トレーダー』が好んで取引をしています。 『 約定』とは、その売買が成立したことを言います。 そうなると、株価が上昇し始めます。

8

今ではネット証券をはじめ多くの証券会社で、板を随時確認できます。 3番目の優先順位が時間です。 個人投資家• 2円のところに、大量の注文が入ってします。

4

この値段の差額である7円はトレーダーにとっては大きな負担ですね。

12

こんにちは。 ただ、一概に、どちらがいいかとはいえません。 Contents• 特別気配とは、買いか売りのどちらかで、すぐには売買が成立しないほど注文が殺到している状況のときに出現します。

19

大きなポジションが持てる人は、レバレッジを思い切りかけてブレイクに参戦しても面白いですが、リスクもでかいので、手堅くいくならだれかの戦いを横で見ながら形勢がわかってきたらその方向にポジションを持つのがいいです。 逆指値注文について詳しくはをご覧ください。 しかし、非常に少ない(ほとんどない?)中で、板読みのディーラー手法を解説した教材も存在します。

売り板のほうが厚いときは、「売り気配」です。 この板の場合に成行買いをすると売りたい人の最安値である1000円で購入することができます。

重要なポイントは現在値近辺の売り買いの数量と全体数量である売り買いの累計の2点です。 しかし、ファンダメンタルズを好感しての大口の買いが入っている銘柄の場合は、右肩上がりにじっくりと上昇するために、多少の含み損は我慢できますが、人気化しての上昇の場合は、急激に需給が悪化するために、ロスカットが重要になってきます。 この板で1000円で300株購入すると1000円がすべて買われることになり、売りたい人の最安値が1001円になります。

20

成行での購入は株価がいくらでもいいので、すぐに欲しいという時に使います。 また、板には買い板と売り板がありますが、一般的に買い板が厚い(買い注文のほうが多い)ときは「買い気配」と呼ばれます。 また色がついてないケースもある。

17

板読みは 買うタイミングと売るタイミングどちらにも関わってきますので初心者の方であればあるほど板の見方の勉強や練習をしていただきたいと思います。 なお、これは数値そのものも大事ではあるのですが、累計数量に関しては売りと買いの比率も重要であることを覚えておいてください。

4