どっ こ 伽羅 あらすじ。 BS12中国史劇「独孤伽羅~皇后の願い~」第16

それが嫌なら別の伴侶を探して」と伝えると楊堅は「愛する女は一人でいい」と真心を示します。 娘の伽羅は結婚を拒むも、楊堅というのが偶然にも顔見知りだった。 隋は超短命政権、一方、唐は中国の歴史の中で一番長い政権というなんとも対照的で、ドラマと合わせて思いをはせると面白いです。

5

独孤伽羅の物語は有名なのですんなり把握できた。

18

1983年2月2日• 「夏家三千金」• 宴の席で独孤三姉妹の長女・般若は「宇文毓(寧都王)はあなたに夢中のようだ、義姉上と呼ぶ日が楽しみね」と皇后に言われ戸惑います。 豪華キャストのタイドラマ『独孤伽羅』をより一層楽しめると思います。 政権交代が激しい乱世の南北朝時代、北周に忠義を尽くす武将・独孤信(どっこしん)が、「独孤天下」という予言を受ける。

10

「宝贝战争」• しっかり者の伽羅が亡きあと、楊堅は自由になってしまいます! 実の姉妹も裏切る例。 しかし、間一髪のところを大将軍・独孤如願に助けられる。 独孤伽羅とは次第に心を通わせ、彼女に支えられ随の初代皇帝となります。

12

1984年6月19日• この訪問からすべての歯車が回っていくのです・・・ 独狐というのが、 姓になります。

そこで彼女は泣いたり仮病を使ったりして夫を味方につけようとするが、子供っぽい彼女の態度を見て李昞(りへい)の心は離れていく。 独孤信には3人の娘がおり、長女の独孤般若(どっこはんじゃく)は予言を実現させるため皇后になるべく北周の皇室に嫁ぐが、その座を掴んだのもつかの間、難産の為亡くなってしまう。 太子はまだ子どもで皇后も皇太后にも政務ができないため楊堅を皇帝にするという話が持ち上がる。

2

出陣を祝うという口実の宴で宇文護を暗殺する段取りを整えるが、それに気づいた独孤信(どっこしん)は…。