法隆寺 仏像。 法隆寺金堂釈迦三尊像

5センチ。 各天人像の光背は、木造透彫の破損しやすいものであったため、その大部分は後補で、当初の光背が残るのは6体のみである。

頭上の十一面は背後の1面を除いて後補。 内藤藤一郎(1930年の論文)は、法華経観世音菩薩普門品の「観音妙智力 能救世間苦」という句が「救世観音」の典拠であるとした。

18

金銅花瓶 元年銘• 表面には浮彫で蓮華化生5体と化仏7体を表し、化仏はいずれも透彫の天蓋を伴う。 須弥壇上に像と像を安置する(拝観可)。

6センチ。

14

随侍する二童子像はヒノキ材、一木造で玉眼を用いる。 「」と通称されるこれらの小金銅仏は1878年(明治11年)、当時の皇室に献納され、現在はの法隆寺宝物館に保管されている。

6

体の奥行が厚く、大波と小波を交互に彫る翻波式衣文を刻む点、腰から大腿部にかけての衣文をY字状に表して量感を強調し、大腿部の隆起した部分には衣文を刻まない点など、平安初期彫刻の特色が顕著で、制作は9世紀と推定される。 のには、この六観音像と酷似した菩薩像があり、元は8体あったものともいわれる。 各像に当初の彩色と截金文様が残り、彩色には朱、丹、緑青、群青が用いられている。

木造彩色で、像高は毘沙門天が123. 1センチ。

「百済観音」という名称が使われだしたのはさほど古いことではなく、1917年刊の『法隆寺大鏡』第40集が初出とみられる。 失われた右脇侍像のあったところには、光背に像を取り付けるための枘穴が左右に2つ並んでいる。 そ次に東院伽藍「夢殿」へ 2時間程で足早に見学したが、できれば一日ゆっくりみてまわりたい場所だ。