ギブズ エネルギー。 自由エネルギー

単一成分系 [ ] のモルエンタルピー H m は、物質 1 あたりのエンタルピーであり、 H を n で割ったものに等しい。

13

そこで、反応の方向性を予測するために導入された熱力学的関数が「ギブズエネルギー(自由エネルギー)」である。 G= H- T・ S T:絶対温度 ギブズエネルギーが小さいほど熱力学的に安定であるといえる。

17

とてもわかりやすかった 他の解説動画を見る. 理想希薄溶液 [ ] の定義には x i に基づくものや m i に基づくもの、 c i に基づくものなどいくつかのバリエーションがある。 version 7. Gibbs free energy databases for version 7. 上の式は次のようにも表すことができる。 ギブズエネルギーGは、反応の方向を予測するために導入された熱力学的関数であり、エンタルピーH、絶対温度T、エントロピーSで表される。

10

また、ギブズエネルギーとは、系の自発性に関わる熱力学関数で、定温定圧過程において用いられ、以下の式で表される。 ギブズ-ヘルムホルツの式(ギブズ-ヘルムホルツのしき、 Gibbs-Helmholtz equation)とは、における関係式。 自由エネルギーにはギブスの自由エネルギーとヘルムホルツの自由エネルギーがありますが、両者ともほぼ同じ概念と考えましょう。

12

ここで n は電池反応の半反応式における電子の化学量論係数、 F はである。 熱力学ポテンシャルともいう。

20

例)水素(気体)と酸素(気体)を反応させ、水(液体)を生成させる。 よって次式が成り立つ。

11

エンタルピー [ ] 温度 T と圧力 p を変数とするエンタルピー H T, p は、熱力学ポテンシャルではない。

10