やはり うち は マダラ。 NARUTOの3大コラ画像「キー」「やはりうちはマダラか?!」

写輪眼• 意識せずにそんなことができるとはますます正気の沙汰じゃねェよ。 マダラ自身イズナのことはめちゃくちゃ大事にしていたため、無理やり奪うことはなさそうですよね。 おはようございます。

また、オビトに計画の内容を話す時と、4代目に幻術をかけているが、これは単なる写輪眼の能力と思われる。 彼らの決戦場所「終末の谷」は第一部におけるとの最終決戦の舞台でもある。

【防御力】素では達人程度。 花からは吸うと身体が動けなくなるマヒ性の花粉を撒き散らす。 「 いつだって離れたって」幼き日、今は道を違えてしまった友と絆を結び、笑い合った、敵味方の境を超えて皆が和解し合える平和な世界という夢を抱いた始まりの日を想い、「 信じられる絆は 胸に眠ってる」今それを実現しようとするための六道の力を得た自身の姿を映す。

3

戦乱のなかで、さらには弟の眼を譲られ「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れ、死の直前には瞳術の究極系であるにも開眼している。 」 土影様は目線を前に向ける。

「 信じて待ってて」と数多くの犠牲を強いる忍界の有様を憂い、木の葉(=木の葉隠れの里)の陰から見届け、決意を固めたマダラがついに「 迎えに行くんだ」と木の葉を捨て静観をやめ、「 勇気の灯火 照らし出せ弱さを」今ついに夢を叶え、理想を実現するための一歩を踏み出し、「 傷だって痛みだって 分け合えば平気だ」夢に向かって走り出す姿。

4

木遁・花樹界降臨 樹界降誕の派生版で花を咲かせる。 という( マダラ視点から、マダラの歩んできた道を描くものとしては)秀逸な構成。

16

「よく踊る。

17

地面に降り立つと、マダラが膝を付いていた。 」 マダラ「動けん. わずか3秒の間の出来事であった。

3

「 「ごめん」 忘れないで」忍界の安定のための犠牲となってきた数多くの者達へ( 個々のシーンが短いため判別しづらいが、原作で触れられた様々な人物達の辛い過去の描写も数多く取り入れられている)。