クボタ メガネ。 1日60分の着用で「近視を治す」クボタメガネが開発中 2021年後半アジアで発売予定

5%が近視というデータもあります。

視覚障害者をサポートする画像認識AI技術を活用したデバイス「OrCam My Eye」。 近視は日本ではあまり病気だと認識されておらず、メガネやコンタクトを使えば支障がないと思っている人も多いですが、特に高度近視の場合は緑内障や白内障など、失明につながるリスクも高まります。

シンガポールやタイ、マレーシアなどの国が生産拠点の候補に挙がる中、「高額なデバイスであることからGDPなどを鑑みて台湾での生産を決めた」(窪田製薬)という。

6

これまで根本治療がなく、WHOも問題にするほど世界中で急増している近視患者の救世主となるのか。

ところが眼軸長が通常よりも長くなってしまうと、遠方を見た際、どんなに水晶体を薄く引き延ばしても、網膜上でピントを合わせることができません。 開発パイプラインの状況 そのほかの主要開発パイプラインのうち、スターガルト病治療薬候補の「エミクススタト塩酸塩」については、第3相臨床試験の被験者登録が完了しており、順調に進めば2022年第3四半期以降に試験結果のデータベースロックが完了する見込みだ。

13

また、加齢黄斑変性等の網膜疾患患者向けの遠隔医療眼科用モニタリングデバイス「PBOS(Patient Based Ophthalmology Suite)」はパートナー企業が見つかり次第、商業化に向けた取り組みを進める方針となっている。 この増加は、戦後に急激に減少しましたが、その後再び増え続けています。

クボタメガネを『キテレツ大百科』に登場する「勉三さんメガネ」と呼んで笑う 近視でわずらわしい思いをしている人に朗報だ。

18