便秘 小説。 便秘小説彼女, 第11話 ウンチ事件:便秘になったので助けてやった!

ノーパンでベッドに横になり担当のおばちゃんの方に背中を向ける。 うちは代々そういう家系のようで、最近、妹まで「分かるような気がしてきた」などと言い出した。 お嬢様もお尻の穴を見られて、詰まったトイレの処理もしてもらって、少しは仲良くなれたでしょうか。

11

3.じゅうろくさい はじめてのおべんぴ/AJ めちゃシコれるやつ。

ご参加ありがとうございました。

19

僕は、人の便意が分かるのも悪くないなと思った。 (ベチッ!・・・か) 亜美のウンコは、落下するときまでいやらしい音を立てる・・・。

4

そして、器具で直腸をグリグリされて、うつ伏せのまま、泣きわめきました。 そういった意味ではあの先生に感謝しています。

「…シュウ君。

19