シンキング シティ 評価。 シンキングシティ クリア後評価や感想にボリュームは?【The Sinking City】

まず結論から プレイヤーが探偵業をロールしながら楽しくプレイできる良ゲームでした 評価は 4.5くらいです クトゥルフ神話を題材としたゲームをプレイするのは、これが2本目(ブラッドボーンは除く)で前回は「コール・オブ・クトゥルフ」をやっていました それと比較すると、どの面を見てもこちらの方が面白かったです 以下、個人的な意見をまとめていきます• 20年11月11日時点の情報です。 これから思考を重ねていく課題について、目的であるゴールを明確に設定しないと、部分的な検討で終わってしまったり、意味のない課題の検討を続けてしまったりすることになります。 現状の分析を丁寧に行うことで、次のステップが容易になるのです。

17

外的な意見• 本当にこう考えていいのだろうか? という批判的、客観的な視点で物事を考え続けることです。 クリティカルシンキングを用いると、• ただ、メインクエストによる1つ1つの事件自体は、 主人公の選択肢によって結末なども変わり、終始楽しんでプレイできました。 自分自身も十分納得して判断を下せる状況をつくる といった効果を生み出すことが可能です。

目的は何かを常に意識する• 自他共に思考のクセを持つことなどを頭に入れた上で、ルールに囚われることなく、• 取り返しのつく要素 難易度はいつでも自由に変更可能 ゲームの難易度はいつでも自由に変更できる。 謎解き 主人公は探偵としての能力だけではなく、「心の眼」という超能力で事件を追うことができます。 ダークな街を移動するのもやがて冗長になる。

3

これは『L. 物事の本質を見極めることができる• 目指すゴールとそのレベル• 本作のレビューを通して、一度オープンワールドは世界観を体験させるゲームデザインとして最適解ではないことを(いまさらすぎるが)書いておく必要はあるだろう。

プ レイヤー自身が物語の行く末を決めて、自分だけの物語を作り上げる。 ゲームプレイが10時間に届くころ、リードがクトゥルフ神を崇めるカルト教団の存在に気づいてゆくストーリーを展開し、盛り上がるだろう。

10

チャールズ・リードは彼らから事件を請負い、狂気にさいなまれながら、オークモントに潜むカルト宗教や、異形の神々を見つけ出していく。 証拠を集もとに、新聞社や警察で資料を探すことで新たな手がかりを見つけていく。

10

他の要因は考えられないか など客観的な視点からの思考を続けることが必要となります。 オープンワールドを採用しており、街中を歩く以外にも、船やダイビングスーツなどで探検することも可能。 オートセーブです。

12

18才未満の方には販売しておりません。

8