とくとく bb ルーター。 ドコモ光GMOとくとくBBのおすすめルーターを比較。選び方とレンタル方法も解説。

注意Wi-Fiルーターを返却しないと、解約月翌々月に補償料10000円を請求される 5. 特筆すべきは、 同時接続台数が最大24台と他2機種より6台も多い こと。 ONUとルーターを接続すれば初期設定が終わるGMOとくとくBBのv6プラスですが、どうしても設定が自分でできない!という方でも訪問サポートを申し込めば大丈夫です。 また、利用中に電波状態の悪い場所に移動した場合は、通信が切れる場合があります。

ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合• 厳密には、 『IPv4 over IPv6』という技術を使って、基本的にIPv6環境で通信を行いながらも、従来のIPv4アドレスでの通信もできるようにする技術になっています。

4

・上記以外の場合は工事日から7営業日後を目途にお届け先へ発送いたします。

3

世の中そんなに都合良いようには出来ていませんでした…w 以上、今回はGMOとくとくBBのレンタルルーターの機種を変更してもらえるかについてお送りしました。 ドコモ光のプロバイダの中でも、『IPv4 over IPv6』が適用できるプロバイダと適用できないプロバイダがあります。 ドコモ光の最大速度(上下1Gbps)• ・本キャンペーンは他のキャンペーンとの併用はできません。

14

日割り精算などは行っておりません。 ・ 弊社にて解約月の翌月20日までにWi-Fiルーターの返却が確認できなかった場合、解約月翌々月に、補償料:11,000円(税込)をご請求いたします。

14

そんな時にオススメのルーターは、ELECOMが販売している「WRC-2533GST2」です。

9