インフルエンザ 筋肉 注射。 新型コロナワクチンは筋肉注射に 皮下注射と違いは?:朝日新聞デジタル

さらに、元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が、自身のはり治療の経験から「筋肉のところに刺さったら鈍痛みたいなのがするんですけど、あれは筋肉注射では大丈夫なんですか」と疑問を提示。 季節性インフルエンザワクチンなどでも使用されています。

1

インフルエンザの予防接種などは皮下(皮膚の下の脂肪層)に薬液を注入します。

14

まとめ 注射には色々な種類がありますが、よく行われる注射はこの2種類です。 ただし、所得の少ない世帯の方などについては、費用負担の減免措置 注)が市町村によって行われます。

2

ただ、ここで注意すべきは、薬液を早く注入すればいいわけではなく、抵抗のないスピードで注射することがポイントです。

13

薬液を注入後は、 硬結を防ぐためによくもみます。 このため、個別の判断でインフルエンザの予防接種を筋肉注射で行なう医師もいる。

表皮の下にある真皮には、血管や神経、汗腺、皮脂腺などが存在します。 麻疹(はしか)• このため、皮下注射ではなく筋肉注射をすることになっています。 ただし、今回特例承認された輸入ワクチンで使われているアジュバントについては、海外でいずれも、数千万回の接種実績があるものです。

9

通常の医薬品で言う「副作用」と同様の意味です。 主な注意点 接種後、15分程副反応がないか観察が必要です。 薬液を注入した後は、揉みません。

13