下記 の 件 承知 いたし まし た。 了解・承知・了承の違いと使い方!メールの書き方で迷わない

ビジネスでは「下記のとおり」を使い分けることで、円滑かつ簡潔に、重要事項を相手に伝えることが可能になります。 【敬語の種類】謙譲語• アポ取りメールに「下記承知しました」だけで返していてはダメ!アポを優位に進める2つの返信のコツ その2つが以下です。 例文としては、口頭であれば「どうかご理解いただけませんでしょうか」、文書であれば「何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます」などとします。

したがって、「承知しました」は 目上の人にも失礼がなく、ビジネスメールや会話、取引先とのやり取りにも使える適切な返答とされています。

14

「了解しました」は不適切 「了解いたしました」と同様に「了解」という表現を失礼と捉える人がいることと、「了解いたしました」より砕けた言葉遣いであるので、 目上の人に使用することはできません。 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 上司からいつまでに返答すればよいのか?など、逆に質問されないように、内容や期日をしっかりと明記しているか確認してからメールを送るようにしましょう。 「内容を理解する」と「お引き受けする」どちらの意味でもビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使ってください。

11

「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 現金支払い。 その場合は、段落を変えたり改行したりした直後の文頭に使うとより読みやすい文章になりますう。

15

「了解」よりも「承知」が正しいと言われ始めたのは2011年 まず、Web上でいつから言われ始めたのかを調べました。 ただし、表記にブレが出てしまうことには気を付け、同じ文章内では「とおり」または「通り」のどちらかで統一した表記を使用するようにしましょう。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるというサービスがあります。

きっかけとなったのは以下の記事と思われます。

20