追放 悪役 令嬢 の 旦那 様。 【登場人物】「追放悪役令嬢の旦那様」のほんわかスローライフメンバー

あ、エラーナ嬢、馬乗れる?」 「え? え? ………………え?」 「え?」 どうかしたのか? 「え、え? 待って、待ってくださいユーフラン様……え? 徒歩?」 「え? いや、エラーナ嬢、馬に乗れるならルーシィに乗ってもいいですよ? 荷物を載せるので二人乗りは出来ませんけど」 「え……馬なんか乗れませんけど」 「じゃあ歩きですね。

9

職人気質なので、貴族というよりは職人って感じのいかつい人物。 「とはいえ、宰相のご機嫌がブッチブッチになるよな? そりゃあ」 「そうだ。 最上階のボクの部屋の窓から海岸を眺めたり、もしかしたら美人の管理人さんと出会って恋に落ちたりするかも…… なんて、そんな希望を胸に始まる新生活。

6

『シーサイドハイランド上町』という壮大なのか胡散臭いのかわからない名称のマンションに入居することになる。 「た、たまには帰ってきてもいいですよ!」 「うん、無理じゃね?」 「びええええぇええぇ!」 「こ、こらルース! 男がその歳でガチ泣きすんじゃねーよ!」 そんな可愛い見送りを笑顔で受け流し、馬車に乗ってエラーナ嬢のお屋敷へとお迎えに上がった。 その場で婚約破棄された彼女へ手を差し伸べたのが運の尽き。

10

フランの愛がにじみ出ている感じがほんわかするストーリー なんとなく仕方なくラナとの婚約を交わしたように見せかけて、実は昔から一筋だったってことが途中で判明し、そののろけっぷりがにじみ出ている感じがほんわかさせてくれる。

14

ユーフランに「カールレート兄さん」と呼ばれている。 口元が緩みそうだ。 これは、そんな彼女の夫になったちょっと不運で最高に幸福な俺の話。

17

結婚の手続きは国の方でされているはず。 その場合は荷物片手に隣国の平民に頭を下げて軒下なりなんなりを借りて生活を始めなければならない。

19