宮崎被告 あおり運転。 喜本奈津子容疑者:あおり運転宮崎文夫の同乗者女性には何罪が成立するのか

「その頃から宮崎さんは変わりました。

宮崎はいきなり『自分は被害者、生野警察署に行く』と言い出した。 もやる気にならないし、それでなくとも、もう運転する気持ちはないです」 裁判長の質問 裁判長「あなたね、各事件起こした時、相当腹立ってたんじゃないですか?」 被告「だと思います」 裁判長「腹立ってる状態で運転すること自体が危ないですよね? ましてや、やり返すのは危険極まりないですよ。 「去年3月に学生時代に親しいわけでもなかったのに、突然SNSで連絡をしてきたんです。

10

被害者にも言える事かも知れませんが。

15

「車の発進、加速という行為以外の回避手段をとることは困難。

18

その時、宮崎容疑者は 「きもとさーん!」「きもとさーん!」と、 近くにいる喜本 きもと 容疑者を呼び、 「手をつないで~!」と声を上げていたとのこと。 明治大学教授・齋藤孝氏: 他の事件との量刑のバランスはあるかもしれませんが、ちょっと軽いなという印象がありますよね。

19

このご時世、「知らない、無知」は罪である事を自覚すべきですね。