伊 アオ 小説。 【伊アオ】「伊之助とアオイのほわほわもみじ狩り」【鬼滅の刃二次創作】の小説情報

竈門カナタ 16歳 は黒髪でカナヲ似のイケメン。 2人の距離が縮まった事は間違いないなく、世間でも「伊アオ」として呼ばれ始めたのもこの一連のシーンです。

しかし、それをネット上にアップされるとどうしても検索に引っかかってしまい、見たくない人にとってはキツイものがあります。 落ち着いた雰囲気を身にまとい、高校に通っています。

15

編集部から作者のワニ先生へも希望としては鬼滅の刃の続編を描いて欲しいと依頼は出してる事は濃厚だと思われます。 炭カナの子孫と同じ学校に通っているようで、善逸が書き残した「善逸伝」を読みながら登校しています。 伊之助のキャラの性格上、恋愛の様子は本編で描かれてませんが嘴平青葉の存在が「伊アオ」のカップリングを公式化したワニ先生のサービスに思います。

上弦の陸との戦いの後、回復した炭治郎の元に集まる蝶屋敷のメンバーと伊之助。 伊之助とアオイがお互いに意識しているシーンは見受けられませんが、痴話げんかのようなシーンが描かれています。 カナヲは元々、自分の意思で物事を決断することをせず、また自分から誰かに声を掛けることもありませんでした。

伊之助が15歳、アオイが17歳。

13

炭治郎がカナヲに「頑張れ!!人の原動力は心だから 心はどこまでも強くなれる」と励まします。 以下、完結までネタバレ(アニメ派は注意) との戦いを全て終え、蝶屋敷で静養するかまぼこ隊。

10