八王子 千 人 同心。 「郷土の歴史」語り継ぎ50年 八王子千人同心子孫らグループ

1582年(天正10年)、武田氏が滅び同年6月織田信長が本能寺の変で死亡すると、甲斐国は徳川家康が治めるようになります。

組頭屋敷 下級武士の屋敷なので、見 たところは農家のような造り ですが、座敷には床の間があ り、また中央の玄関には式台 があって武家としての格式を 表しています。

17

また、千人同心の集会場になっていたという千人町・宗格院の浦野信幸住職は「現在も元八王子の方には志村姓の方が多くいる。

13

また植田孟縉,原胤敦とともに「新編武蔵風土記稿」の 編纂にも加わる。

17

3年()より7年()までに江戸城内にて剣術の上覧が9回行われた。 開港地横浜の警備、長州征討への従軍というように、休みなく動員されます。 おそらく、 新撰組と一緒にしてウケを狙ったものと推測します。

主な千人同心 植田 孟縉 うえだ もうしん 中央高速八王子インターチェンジの北側に、地誌に関して、多くの著書をのこし た千人同心組頭植田孟縉の墓がある宗徳寺がある。 折しも新政府軍が日光東照宮に迫り包囲した。

7

寒さと栄養失調、流行り病のためわずか1年足らずで隊士の3割が死亡。 八王子織物の取引が盛んになってきたのは、文化・文政時代(19世紀前半)で、文字や計算の必要から教育も普及してきました。

17