判官 贔屓。 判官贔屓(はんがんびいき)の意味や読み方 Weblio辞書

、91-92頁。 、118頁。 はそうした感情を、「弱い者いじめの反対、つまり、弱きを助け強きをくじくという言動に対しては、無批判にかっさいを送ろうとする心理」と定義し、「弱者の位置に立たされたものに対しては、正当の理解や冷静な批判をかいた、かなり軽率な同情という形をとる」と説明している。

3

その理由については、言葉の由来となった人物が大きく関係しています。 イギリスの宣教師はこの伝説について、著書『アイヌの伝承と民俗』の中で、蝦夷地に関心を抱く日本人がアイヌに対して押し付けたものであったという見解を示している。 でも楽しめならいいんじゃないかしら。

13

、148頁。

12

例えば、甲子園。 池田によると、弱者に対し理非を問わずに同情しようとする心理が一般に「判官贔屓」という言葉で表現されるようになったのは、義経の伝記が人々の間に、一般的な知識として広く知れ渡っており、かつその伝記の内容が人々の義経に対する同情を呼び起こすものであったからである。 「判官」の「官」は濁るのが正しい読みで、「ほうがん」あるいは「はんがん」のいずれかを使用しましょう。

10

だからこそ、そのような自分たちを見捨てないで助けてくれる、義侠心をもった人物像に憧れを抱いたのではなかろうか。 「判官贔屓」とは「弱い方に味方したくなる心情」のことだが、対象となる人物は、ただ弱いだけではダメで、不幸な境遇におかれても、自分の生き方を変えずに通すひたむきさ、場合によっては敗戦覚悟で大きな力や不正に立ち向かう勇気と潔さが要求される」 日本人が長い歴史の中で培って来た「判官贔屓」という心情について、英文で説明しようと頑張ってみたが、私の拙い英語表現力ではやはり無理であり、うまく伝えることが出来なかった。

17

・弱者の味方をしたり、応援をしたり贔屓すること。

17