梨歩 田 依 舞。 「斉木楠雄」照橋さんをライバル視する美少女・梨歩田依舞役にM・A・O

227• エイプリルフールは明日だぞ?」 海藤は言う さらりと嘘ついた(笑) 「じゃあ、マジでビームが?」 毎日(エブリディ)バカ(フール) 「(エブリディフール…)」 「じゃあ、屋上行ってみてくっぜ!」 燃堂は屋上へ 「馬鹿な奴だ、なぁ斉木」 海藤は言う 「(まったく後で痛い目見ても知らんぞ)」 「おい海藤! デマ流すなって松崎がおめぇの事、探してたぞ」 クラスメイト達は言う あらら 「おっと!その手は食わねぇぜ。

5

とにかくこれで目撃者はいない。 じゃあな…)」 すぐに帰ろうとする楠雄 「はぁ? え!もしかして、アホなん?」 「(なんやとコラ)」 楠雄は言い返す 「わいはハムスターやで。

7

肩が凝ってるなら、私が揉んであげるから許してあげて、ねぇパパ」 父・國春の肩をもむ久 「うん!」 「(いい顔)」 「そうだ、くーちゃんにもやってあげる」 母・久が言い出す 「(僕はいい。

3

だが、お前の目から見たら、どうだ?)」 「かぁ!?」 「(何がいるんだ?)」 「斉木さん、サイコメトリで見てください」 鳥束は言う 「(いったいなんだ? やばいのか?)」 鳥束に触れる楠雄 そこにはピアノを弾く女の子 「超絶かわいい」 「(どうでもいい)」 女の子の幽霊に訳を話す二人 「…そうですか。 悪く思うなよ)」 消火栓をなげ、燃堂を追い払おうとする楠雄 「(よし、まいたぞ。

6

順番に一晩ずつ預かることになった面々だったが、ハムスターと相性が合わなくて……? 大本命の照橋にも断られて途方に暮れていると、相性が最悪そうな燃堂が通りかかる! 「見して貸して触らして!」と一晩預かることを申し出た燃堂。 案内されたボロ屋よりも隣の御殿に目が行くのは何でだ。 國春にいたっては穴という穴から体液が流れ出る始末。

13

学校で誰かに押し付けることにしたと。

14

1,566• 花粉が飛び散りまくってるんだよ、早急に瞬間移動しないと、仕方ない!)」 走る楠雄に追いかける燃堂 楠雄は燃堂の首元に手刀をいれ、気絶させる 「(悪く思うなよ、お前が悪いんだ。

1

267• 著作権は提供各社に帰属します。 215• 読んでみて下さい。

17