サボテン 発芽。 サボテンの胴切り方法は?カットした後の育て方や根腐れ・枯れる対処法

今は鉢をタッパーに入れて湿度を保つのが僕の主流です。 ベストな実生時期は「5月~9月」• 改めてサボテンの種子の生命力を知った。 5月~9月にかけての生育期に種蒔きを行うと、発芽した後の管理もしやすくなります。

用土が乾くと必要な栄養素が吸収できくなってしまうでしょう。 現在(刺を含めずに)24mm。 サボテンを初めて育てる、という方にも比較的わかりやすい方法でもあるので、他の観葉植物よりも育てやすいと言えます。

19

まとめ サボテンが本来厳しい環境にいるからといって病気を放置したり過酷な環境においたりしてサボテンを苦しめてしまう前に救うことが飼育している人の大切な役目です。

14

浅い平鉢の底に軽石を入れ、川砂や赤玉土(小粒)など清潔な土を入れる• ナイフなどサボテンを切り分けるための刃物 切れ味がするどいものを使えば切り口を小さくできるので、サボテンを必要以上に傷つけることなく胴切りを行うことができます。 【用意するもの】 ・熱湯 ・清潔な布巾やガーゼ、またはキッチンペーパーなど、水で溶けたり破けたりしづらい物。

サボテンをはじめ2年目。 最初はなかなかうまくいかないこともあるでしょう。 夏など暑い時期の胴切りは室内の涼しい場所で行うようにするといいです。

6

また、胴切りする際の環境というのも大事です。

14

そして 冬になれば加温してあげようと思います。 昨年の初夏に、ネットオークションで入手したウチワサボテンの種子が発芽している。

13