確定 申告 スマホ。 国税庁からのお知らせ <スマートフォンでの申告が更に便利に>:令和2年分 確定申告特集

節税効果が高いため、該当する項目がある場合は忘れずに申告しましょう。 医療費控除を受けるためには領収書などを保管したうえで医療費控除の明細書が、ふるさと納税を利用するときには自治体が発行した寄附金受領証明書が必要になります。 法人でも利用できますか? はい、法人の方もご利用いただけます。

19

会社員の医療費控除等の申告は、スマホから可能です。 マイナンバーカード方式で必要なもの• 国税庁の「」は、スマートフォンで簡単にアクセスすることができます。

20

スマホで確定申告できる条件の人は、まだ限定的だといえるでしょう では、個人事業主・フリーランスの方がスマホを確定申告に活用することはできないのか、といえば、そんなことはありません。 以上で、スマホでの確定申告書作成、電子申告は完了となります。

8

さらに、今年は、青色申告特別控除の65万円の控除のために、「e-Taxによる電子申告」、「電子帳簿保存」が必須となるなど、e-Taxを優遇する施策が行なわれてます。 預金通帳など還付金を受け取る口座番号がわかるもの• 予定納税額• 今後はマイナンバーカード方式が主流になること、そしてマイナンバーカードが2021年3月から健康保険証としても利用できるようになることを考えれば、早めにマイナンバーカードを取得することをおすすめします。

1

給与所得の源泉徴収票(原本)• 上記以外の収入 次に「住宅に関する控除」もしくは「外国税額控除」のいずれかを受けるかどうかについて、「はい」「いいえ」で答えたうえで、提出方法を選択します。 しかし、会計ソフトを利用する場合であれば、質問に答えるだけで確定申告書類が作成することができたり、もしわからない場合は質問すれば答えてくれるサポート体制も充実しています。

3

Android:バージョン6. まずは提出方法を「e-Taxで提出する」か「印刷して書面提出する」のいずれかを選択します。 確定申告書の種類 確定申告書は2種類あります。

何かと面倒なのが確定申告ですよね。 スマートフォンで確定申告を行う流れ 確定申告書等作成コーナーや、e-Taxを利用するために必要なものを準備したら、まずはスマートフォンで確定申告書等作成コーナーにアクセスしましょう。