スリクソン z585。 SRIXON(スリクソン)Z585ドライバーをゴルフハック編集部で試打評価!

適度な厚みのソールをもつツアーキャビティのZ785。 ウェイトの搭載位置からしても、Z585はヒール寄りにありますので、ボールのつかまり性能を持たせたヘッドであることが分かります。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、 その各球データがこちら。

11

また、標準シャフトでは物足りないという上級者のために、カスタムオーダーも可能。 ボールのつかまりはニュートラルで、スイングの軌道がそのまま弾道に表れる感じ。 振っただけ距離が伸びた印象でしたね。

1

基本は ストレートかドローが持ち球のゴルファーで、なるべく曲がりをおさえてストレートで飛ばしたい人に向いています。 ものまね芸人。 SUPER GT・GT300参戦、全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦。

13

見た目的にも、バックフェースの頂点がトゥ寄りなところも、ほぼ同様した。 打ってみると、Z585より球は低く、さらに低スピンの弾道が出ました。

17

今までの同シリーズは、高い評価を得ていましたが、どちらかといえばアイアンのほうが高評価だったと感じています。

2

スリクソンのアイアンで活躍する女子プロ達 ダンロップ契約の女子プロゴルファーでは圧倒的にゼクシオアイアンが人気ありますが、 香妻琴乃プロ、小野祐夢プロ、安田彩乃プロ、東浩子プロがZ585アイアンでツアーを戦っています。 」とあり、前作からキャッチコピーも一新!「強さと、やさしさが、飛距離の限界をぶっ飛ばす。 このシリーズも金属音を伴う心地よい打音を実現させています 強振してみると、自分のパワーでは少しスピンが増えた程度で効率のよい弾道はほとんど変わらず。

13

」というもの。 スリクソンのアイアンZシリーズのまとめ。

15

弾道調整を行いたいゴルファーにとっては、今回のZX5ドライバーはウェルカムな機能追加となっています。 2021年6月28日• ZX5ドライバーにはロフト角・ライ角の調整機能を搭載 左の ZX5ドライバーはネックに可変スリーブが搭載されていて、 ロフト角・ライ角・フェース角の調整機能が搭載されています。 癖がないけど、最近のトレンドのフェイスの撓みや、カップフェイス、クラウンにカーボン取り入れたりしながらも、癖のないドライバーに作り上げてるいる点が企業努力で素晴らしいの一言です。

9