阿部 君 に 狙 われ て ます。 良寛(注釈付き) 千人万首

第59回 該当作品なし• 『男と女の夢競馬』トクマ・ノベルズ 1994「日曜日の灼熱」文庫• 「僧家の訪問には鐸鈴を鳴すのが礼儀であるといふことである」(茂吉「私鈔」)。

16

仏足石歌体にさらに七音の句が付いた形とも言える。 兎は野辺を走り回ったけれども、何もできなかったので、「おまえは頼りないやつだ」と皆でとがめると、はかないことよ、兎は仲間をだまして言うことに、「猿は薪を折って来い。 中腹に越後最古の名刹国上寺があり、万元和尚が晩年を過ごした五合庵があった。

遍く澄明な光で照らされることにより、相反する事物が一貫するものとなった。

9

また1970年代にはにて『』という環境問題を考えるラジオ番組のパーソナリティを務め 、またで担当していたラジオ番組『』での話術が評価されて第27回(1989年度)を受賞している。 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 春、黄白色の花を開く。 「我が宿の冬木の上に降る雪を梅の花かとうち見つるかも」。

3

一から十まで数えて、十で終わって、また始まる鞠つきを。

13

処女作から受賞作までの悪戦苦闘の足跡を綴った自伝的小説に『大阪迷走記』(新潮社)がある。 詞書の「ひたしおや」は養い親。 上三句は「かすかに」を導く序。

13

【補記】或る年の夏、貞心尼が良寛の庵を訪ねると、庵主はどこかへ出掛けていて、ただ花瓶に蓮の花が挿してあった。 [反歌] 霞の立つ春の長い一日を、子供たちと手鞠をつきながら今日も過ごしてしまった。 」と君は云ふ。

4