スズキ カタナ 250。 新型カタナと旧型カタナの比較、スペックや排気量はどうなった?見た目と共に考察してみる|はじめてバイク

セカンドバイクに最適な一台• 諦めかけたところ、半年経っても売れずに残っていて、店の人が、「大勢の人が県外からも見に来るし、ネットで質問も来るんですけど何故か売れないんですよ。 今後のカスタムプラン 購入動機 免許を取って初めてのバイク。 鳥取県 1• ただ、私としては結構好きなんですけどね。

10

16歳の誕生日と共に原付免許を取り、でも、20代はクルマに夢中。

9

多分メーカーと消費者が求めている 『カタナ』ってどうも一致しない気がするんですよね…w 色々とカタナのページを見てみると結構叩く言葉があって、ちょっとかわいそうになってきます。 大人気のGSX1100Sカタナをスケールダウンさせたモデルで、250ccクラスとは感じさせない車格が魅力です。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 月並みですが、古い上に車検がないクラスのため、車両の状態はよくチェックしましょう。

20

パワーウエイトレシオランキング• アップタイプのバーハンドルが「こんなにもカッコよく処理されるのか!」と驚かれるかもしれない。 イタリアのバイクメディアが企画した車両でしたが、スズキはこれに賛同し、市販バージョン開発へと至りました。

5

渋さ・味わい• 今まで1100、1000、750ccと数々の刀で峠を攻めてみたが、 最新バイクに比べればやはり古さを感じたのも事実。 非搭載から搭載へと変更 (これは時代の流れな気がする…) まず排気量が少し小さくなっているのにも関わらず、 最高出力が50以上も上がっている驚きがありますね。 排気量は維持費節約で250SSRMとした。

MSDIは点火タイミングや回数をセッティングできるのですが、アクセルのツキの改善やトルクアップを実感できます。 だが、回転でひっぱるよりも1万rpmをメドにシフトアップし、厚いトルクを活かして、一段高いギヤで走らせた方が面白い。

4