はね駒ネタバレ。 はね駒第12週(第67話~第72話)あらすじネタバレ!

そして、その年の夏休みにようやく里帰りを果たす。 また、りんの女学校入学後は、帰省を心待ちにしていた。

りんとは同室である。 それを聞いたやえは、そんな言い方されているなら みつは帰ると言えないだろうという。

子どもの母親として違う母親になりたいと言い、やえのような母親になりたいとりん。 当然、家族からは止められている。

1

当時としては破格の善き上司の編集長も、この時代ならこんな感じだよね。 林ツネ 演 - 明治27年時点での生徒。

4

みつの死後、東京行きを決断する弘次郎に対し、かつて戊辰戦争で生き残ったときの弘次郎の姿を思い出し、一定の理解を示す。 直助は弘次郎の命の恩人だった。

7

りんの女学校入学後は、いつ帰ってきてもいいようにと着物を縫ってくれており、帰省時には赤飯を炊いてくれる。 。 その後、1912年時点では二本松で新たなコーヒー店を経営している。

6

りんは「おんつぁん」と呼んでいる。

19

隣人の小川親子。

10