心から ご 冥福 を お祈り し ます。 お悔やみ申し上げますとご冥福をお祈り致しますの注意点

「 ご冥福をお祈りします」は葬儀の場でよく口にする言葉ですが、意味を知らずに使っているという方もいるのではないでしょうか。 この度は、大変でしたね。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

お伺いできず、申し訳ございません。 この度は伺うことがかなわず誠に残念でなりませんが、遠方より合掌させていただきます。 心痛をお察しいたしますがご家族みなさまがお力を合わせてこの悲しみを乗り越えられるよう心からお祈りいたします。

突然の訃報で言葉にならない。 本記事では、「ご冥福をお祈りします」の使い方の例文、「冥福」という言葉を使わない方が良い具体的な宗教・宗派について紹介します。

26 文字 750 円 7522 ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 哀悼の意を表します 「哀悼の意を表します」は口頭では使わず、 弔電やメールのような書き言葉で使う言い回しです。

10

心ばかりのお線香ですがどうぞご仏前にお供えいただければと存じます。 ご返信は不要でございます。 心から哀悼の意を表します。

在りし日を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

12

「お悔やみ申し上げます」はキリスト教においては避けたほうがいい どの宗教であっても「お悔やみ申し上げます」は使える言葉のように思えますが、キリスト教においては避けたほうがいいでしょう。 神道の通夜や葬儀の際に使っても問題ない言葉には、「 このたびは、ご愁傷様でございました」「 御霊のご平安をお祈り申し上げます」といったものがあります。

14

本来であれば直接お伺うべきところではございますが、メールでのお悔やみとなり申し訳ありません。

長々とした文章は分かりにくく、内容を理解するのに手間を取らせてしまいます。 心よりお悔やみ申し上げます。 ここでは、送る相手の関係別に文例をご紹介します。