マスク 販売 許可。 一般用マスクの輸入販売は許認可不要【コロナ対策でご相談が増えています】|東京・名古屋・大阪の行政書士法人│ビザ・帰化・許可はサポート行政書士法人へ

肌に有効成分を浸透させるような「マスク」は、医療機器ではなく、医薬部外品になるケースがあります。

3

インターネット上で公開することで、主催者側(モールですね)が対応策を打たれたりすると この裏技が利用できなくなる、といったテクニックなどです。 この違いは製品の使用用途によるもので、薬機法における【医療機器の定義】において明確に示されております。

2

海外から商品を輸入して転売しようと思っている方は、その商品が日本の法律や安全基準を満たした物かどうか事前に確認しましょう。 店舗販売だけでなく、インターネットを介した個人が行なう売買についても取り締まられます。 故意に似たものを作成したのでなければ、似ていても侵害には当たりません。

19

販売方法は 『国民生活安定緊急措置法』に注意して、悪質業者と間違われるような販売方法はとらないこと。 家庭用マスクを販売する際の注意事項 許可は特に必要ありませんが、どんな売り方をしてもいいというわけではありません。

18

医療機器製造業、出荷判定後の配送センター運営等、医療機器の国内流通に課題を抱えておりましたら、是非一度ください。 受理までに約1か月ほどかかるので早めの申請がおすすめです。

11

マスクを正しく販売するためのまとめ 医療用マスクを取り扱うのであれば、『医療機器製造販売業の許可』を取得すること。 もちろんマナーとしてどうかという話にはなりますが……。 このため、マスクの性能及び試験方法について標準化を図り、使用者が安心して購入できるよう、医療用及び一般用のマスクを対象としたJIS T9001(医療用及び一般用マスクの性能要件及び試験方法)、コロナ感染対策に従事する医療従事者用のマスクを対象としたJIS T9002(感染対策医療用マスクの性能要件及び試験方法)を制定しました。

これからも安心して売買を楽しむために、「転売の法的ルール」についても少し気にかけておいたほうがよさそうです。 押さえるべきは3つ! 「著作権」「意匠権」「製造物責任法」 「モノを販売するに当たって、主に注意すべきは 『著作権』『意匠権』『製造物責任法』の3つです。 基本的に転売自体は違法ではありません やり方や扱うものによっては違法になり、罰則を科せられたり、最悪の場合逮捕される事もあります。

19