犬 トイレ 寝る。 「犬がトイレで寝るようになった」のはなぜ?4つの理由を知って解決法を導こう|docdog(ドックドッグ)

クレートトレーニングとは、犬がクレート内で過ごす練習のことであり、これによりクレートをハウス(寝床)と早く認識するようになります。 たとえば廊下に寝床があり、リビングの一角にトイレがある場合は、廊下にトイレ、リビングの一角に寝床というように、位置を入れ替えます。

犬のトイレの置き場所に迷ったら 以下の記事もご覧ください。

4

家の場合サークル内ではなかったので、わざわざベッドから遠いトイレでです。 ケージ内はトイレのみとし、寝床はクレートにするなど、トイレと寝床を完全に分けると、犬も区別がつけやすくなります。

19

犬はもともと洞穴のような、狭く囲われた場所で暮らしていたため、フラットなタイプのベッドよりも洞穴に近い形であるクレートは、犬が寝床と認識しやすく、安心する場所でもあります。 飼い主さんが使い古した毛布やタオル、衣類などを犬の寝床に置いてあげましょう。 中にはウンチを食餌と思い、食べてしまう仔犬もいます。

9

特に夏などによく見られる行動で、[トイレが冷たくて気持ち良い]という理由から寝てしまうのです。

10

子犬から犬を飼っている場合は、犬が自発的にトイレで寝るのをやめるまで待つのも、ひとつの方法です。 トイレシートが好き 犬がトイレシートの感触や温度が気に入っていると、トイレで寝るようになってしまいます。

19

これを、犬は遊んでもらっていると思ってしまうこともあります。 犬の匂いをトイレに残さないように対策しましょう。

19

しかし、トレーの上で寝ること自体は、メッシュカバー付のトイレトレーなどに変えることで対策できると思います。

15