シエンタ フル モデル チェンジ。 次期新型トヨタ シエンタ フルモデルチェンジをリーク!デザイン予想CGを入手【新型スクープ】

発売日は2022年7月? まずは「発売日」の最新情報。 新型シエンタに関して新しい情報が入りましたら、また更新します。

18

もくじ• トヨタ 新型 シエンタ(ハイブリッド)• 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能 その他コンパクト初機能• この部分については、ファミリー・単身共通で気になる部分でしょう。 トヨタ 新型 シエンタ(モデリスタ)• マイナーチェンジではエンジンやシャーシを見直し、燃費改善が行われる。 トヨタ 新型 シエンタ(モデリスタ)• ただ、 ライバルと想定できる三菱デリカD5に7人乗りモデルが設定されていることを考えると、TJクルーザーの市販モデルにも7人乗りモデルが追加されることを期待。

20

また開発ベースとなるトヨタ・ヤリスから丸いボディラインを採用し、現行のコンセプトを踏襲したミニバンになると予想されています。

13

他には、新型ヤリスで採用された 駐車支援機能のアドバンストパーク<高度駐車支援システム>や ターンチルトシートといった便利な装備も採用されると予想できます。 、、にも特別仕様車をラインナップする。

11

安全装備は進化したトヨタセーフティセンスが搭載され、昼間の自転車・夜間の歩行者にも対応した自動ブレーキや、施錠状況の確認・スマホアプリのラインを使ったナビの操作など車と人が繋がる技術であるコネクティッドカーをクラウンやカローラスポーツに続き搭載するかもしれません。 また現行型ハイブリッドの燃費はWLTCモードで22. これにより特別仕様車は、一時廃止。 またアンダーグリルも左右に伸びることで、迫力ある顔つきとなる。

12

パワートレインには変更なし。 中古車もグレードによって価格の違いがありますが新車の一番低いグレードの価格220万円ですのであまり価格差がない印象です。

5

5リッターのガソリン車とハイブリッド車の燃費性能について検証します。 内装はさらなる使い勝手向上を果たす 話題となった3列目のダイブダウン構造含め、さらに使い勝手を向上するため、 シートアレンジに工夫を加えると見られています。 誰が考えても古い。

4