業界 怪談。 「業界怪談」の再放送・見逃し配信(清掃編/建設編/登山編)NHK「業界怪談 スペシャル」

「何これ?荷物を運んだから?」と思い、肩を回したり動かしたりしても、まったくよくならない。 かつて仲の良い父と娘が住んでいたが、父が交通事故で亡くなり、一人残された娘も数年後にバイク事故で亡くなった。

11

巫女の肩が登山家の肩に当たった時、登山家の眼が冴え、振りかえって巫女を見た。 毎日朝から晩まで勉強づくめの日々の中、唯一の楽しみがこのラーメン店に深夜に来て、ラーメンを食べること。 「何言ってるの!?あの白いTシャツの人だよ!」そのスタイリストさんが驚いていると、同じグループ内の男性が、「あの人が見えてるのは君と僕だけだよ」と、小さく言った。

19

古いものは壊され、そこにキレイなビルが建てられる。

今回取りあげる、3つの業界は、今の時代を象徴する業種だと思います。

3

2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。

7

ある怪談は不思議から始まって、不思議なまま終わってしまうものもある。 そこからは、核家族化が進み、親戚づきあいが変化してきたことがうかがえます。

1

巫女盯着看登山运动员,好像缓缓地走向他。

11

有名な怪談に「牡丹灯籠」がありますが、これは実は中国のお話を我が国向けにリメイクしたものです。 そこには「業界内部の人」だけが知る「業界怪談」がある。 然后登山运动员终于下山了。

2