カバディ ルール。 インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について│ふじや流プラス

また、一定のラインを超えたのち 自陣に帰還できた場合にも1点をゲットとなります。 武器を持たない分、戦術や身を護るための格闘要素があり、それがスポーツとして成熟したものです。

8

発祥は古代まで遡って インドとされ、現在も インドの国技でもあります。 現在は、新型コロナウイルスの影響でほとんどの大会が、白紙の状態です。 2019年には、全日本カバディ選手権(社会人含む)で、3位になった実績もあります。

ユニフォームの上衣には、番号を明瞭に書かなくてはいけない。 相手チームに1点が入る。 反則行為の加減によって、懲罰点や退場、失格もありえます。

18

ただし、タイムアウト中は基本的にコートの出入りができないので注意しましょう。 ロナは攻撃に2ポイントを追加します。 7人のプレイヤーからなる2つのチームは、それぞれ20分の2時間30分間の大きな広場で競います。

7

レイダーは「カバディ、カバディ」と連呼 (この連呼を「キャント」と呼ぶ)しながら守備側(アンティ)のメンバーの誰かを タッチして自分のコートに戻れば1点が入る。

17

選手交代 ハーフタイム時、または、自チームから宣誓したタイムアウト時に、選手交代を出来る。 7人対7人で行う。

11

この時、守備側に得点が入るルールもあります。 防衛チームのメンバーが 侵略者 彼のチームが正式に攻撃する権利を持つ前に、彼は排除されます。

2