ジョディ フォスター タクシー ドライバー。 『タクシー・ドライバー』 ジョディ・フォスターの演技

まさに監督、脚本、キャストの3拍子が揃った完璧で稀有な作品が『タクシー・ドライバー』なのです。 タクシー・ドライバーの日記 アルバム・ヴァージョン• それで非常につまらなかった。 それも望まれて役を得たわけではなく、なんとかカメラテストだけでも受けさせてほしいと頼み込んだのは、ジョディ自身だったというのだ。

3

映画『タクシー・ドライバー』の感想と評価 言わずと知れたマーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロ代表作である『タクシー・ドライバー』。 ジョディ自身はこの演技でもっとも印象深いシーンとして、レクター博士役のアンソニー・ホプキンスに、話言葉のアクセントで出身地を当てられる場面を挙げている。

7

映画『タクシー・ドライバー』のあらすじとネタバレ ニューヨーク。

1

でも最後のトラヴィスも「機会があればコーヒーでも」くらいのセリフで終わらせておくのが無難な気がしました。

演技を見ていて面白いと感じるシーンの一つは、 劇中で役者が演技している人を演じるという二重演技のシーンです。 本当に雰囲気映画です。

大統領候補の暗殺を計画していたトラヴィスでしたが、彼にとっては殺しの対象が大統領だろうと何だろうとどうでも良かったのです。 この役を受けるにあたり「友だちにからかわれる心配はなかったか?」という質問には、「ホットパンツに大きな帽子とサングラス。

11

『タクシードライバー』は、1976年に公開され、第29回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したアメリカン・ニューシネマの代表作。

5

アイリスの部屋に客として入っていた男をも殺したところで、警官が駆け付けます。 1981年、ジョディのファンだった青年がタクシー・ドライバーに刺激を受けて大統領暗殺未遂時間を起こす。

15