プジョー 2008 最悪。 プジョー 2008のおすすめオプション5つと不要オプションを実際の購入者の声から紹介!

【エクステリア】 サイズが希望ピッタリ。 【インテリア】 同じサイズ感のヤリスクロスは内装チープ過ぎて内装でアウト。 下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

11

高速道路含めの再評価です。 2リッターターボで130馬力を発揮しますが、ラグはあまり感じられず変な振動もないし、静粛性もこのセグメントとしては高いと感じます。 どちらも良い。

加速でトルク抜けしないトランスミッション 2015年インターナショナル・エンジン オブ ザ イヤー。 最初はビックリしました。 エアコンが旧型はデュアルゾーンタイプなのに、新型はモノゾーンこれが唯一落ちた点です。

8

キビキビ走り、直進、コーナリングも安定している。

3

『508』にも通じるキバ状の日中走行灯は、ややエグ味を感じさせるポイントかもしれない。 (本当によく利くブレーキだからこそ、反動無しで停車させるのがけっこう難しいです) 【乗り心地】 それなりにロードの情報は入ってきますが、風切り音がうるさい上に乗り心地が硬かったアクアと比べると雲泥の差です。 不満な点 ミッションがアイシン製になる前で、昔のアルファロメオのセレスピードみたいに走り出しがギッコンバッコン。

5

激安だと思います。 11月に納車して、約2000キロを走りましたので、初レビューいたします。

15

工業製品なのだが、ちょっとした、美術館に入ったような錯覚さえ感じる。 アップル製品との連携が今後取れるとなお良いです。

ドイツ車等もそうですがこの料金を出す理由は何処にあるのかでしょうかね。 【総評】 私の購入の最大のポイントは全高が1550ミリであると言う事で機械式立駐に入る所です。