人材 開発 支援 助成 金。 人材開発支援助成金を分かりやすく解説!受給条件や申請方法、受給額まで

ここでは、人材開発支援助成金以外の助成金制度について紹介していきます。

16

【1】策定した雇用管理についての改善計画は、都道府県知事に認定を受けておくこと。 職業能力開発促進センター等が実施する在職者訓練 高度職業訓練 、事業分野別指針に定められた事項に関する訓練、専門実践教育訓練、生産性向上人材教育支援センターが実施する訓練等• 対象 中小企業 助成内容 有給教育訓練休暇制度の導入を行い、それを利用して労働者が訓練を受けた場合 助成額(中小企業の場合) 定額助成30万円 特別育成訓練コース 特別育成訓練コースとは、以前はキャリアアップ助成金の人材育成コースとして行われていたコースです。 従業員の人材育成に力を入れやすくなることから、多くの企業で導入されています。

対象者の違い まず人材開発支援助成金の場合、対象となるのは 雇用保険に加入している被保険者となります。

6

出身:青森県• 訓練対象障害者の個人情報を取り扱う場合、訓練対象障害者の権利利益の侵害がないよう管理している事業主 これらの要件を満たした上で能力開発訓練施設の設置・整備または更新を行うようにしましょう。 入学料・受講料・教科書代など(あらかじめ受講案内などで定められているものに限る)を支払ったことなどを確認するための書類• 助成金を最大限に活用できるよう、企業全体で取り組んでみましょう。 支給の制限は、訓練時間以外に、訓練の回数や支給額にも 人材開発支援助成金(一般訓練コース) は、訓練時間の制限のほか、訓練の回数や支給額にも制限があります。

16

つまり人材開発支援助成金は、基本的に 長期労働かつ週の労働時間が20時間を超える者なら、有期契約労働者や正規雇用労働者に関係なく対象になります。 教育訓練休暇付与コース のうち、教育訓練休暇制度 助成金の支給申請を行う直近の年度における「生産性」が下記のいずれかに当てはまる場合。 無期雇用労働者は期間が定められていない正規雇用の労働者以外の者を指します。

13

計画策定、調査事業• 中小建設事業主とそれ以外とで、助成内容が異なります。 中小企業以外の事業主の雇用する労働者が受講した認定職業訓練の受講料、教科書代など(広域団体認定訓練助成金を受けている認定職業訓練の場合は支給対象となります)• 申請は最低適用人数に達していることが必要 人材開発支援助成金の申請は、最低適用人数に達している必要があります。

3