屋敷 の 拝み。 ウグヮンブトゥチ(御願解き)

家族が泣き笑い、ときに喜びにみたされ、ときに悲しみにつつまれながら日々の暮らしをいとなんでいる家・屋敷は、屋敷神とよばれている神々によって守られていると信じられている。

17

屋敷を守ってくれる神々は、「ユシンヌカミ」・「ウジョウヌカミ」・「ナカジンヌカミ」・「フトゥあるいはフールヌカミ」・「カーヌカミ」とされている。 ・ ヤシチヌウグァンの日は、毎月の拝みと同じくヒヌカンとお仏壇に最初に拝んだ後、 これらの神々を回って拝むのです。

20

アライミハナ・カラミハナ・ウグシー・ウチャヌク・シルカビをお供えしました。 私、 僧侶になったのも、この為か?? と思う程、成仏、昇天、お祓い上手になってます。

7

さらにヒヌカンでの拝みでは八月は屋敷の神々とともにジーチヌカミへ拝むものの、 二月にはウティンヌカミを唱える家も多いです。 「ビンシー」については次の項でお伝えするとして、まずは ヒヌカンとお仏壇へのウサギムン(お供え物)はコチラです。 美味しいお土産も沢山沢山!ごちそうさまでございました。

2

沖縄の御願では、ヒヌカンへ拝するヒラウコーは 「タヒラ 2枚)と半分」、一方で お仏壇にはタヒラのみです。 旧暦8月の屋敷拝みはノロの祭祀ではなく、個人の拝みです。 詳しくは別記事「」を参考にしてください。

9

白餅、みかん、酒、水、 朱筆と筆と習字神で護符を書き 霊道と扉を封じるスイジガイも全て揃っておりました。 これも、なぜか? と言われたら「言い伝え」です。

5

詳しく知りたい方は、~~を一読してみてください。 そこで1年に2回、主に一家の主婦が、屋敷の諸所にいる神々にお供え物を捧げ、 家内安全を祈ります。

6

詳しく知りたい方は、~~を一読してみてください。

12

「ビンシー」については次の項でお伝えするとして、まずは ヒヌカンとお仏壇へのウサギムン(お供え物)はコチラです。 日ごろは 毎月の一日と十五日にヒヌカンへ拝めば問題ありません。 」 …以上を唱えた後に 「ウートゥートゥーディービル」と締めて終わりです。

2