Sdgs 未来 都市。 SDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業とは 2021年選定一覧

自治体SDGsモデル事業での取組提案(65点満点) SDGs未来都市選定の背景にある環境未来都市構想 SDGs未来都市に選定された都市を紹介する前に、 SDGs未来都市選定の背景にある 環境未来都市構想についてお伝えしていきます。

そのため、今後地方での生活を維持するためにも、SDGsへの取り組みを積極的に行う自治体が増えてきています。

より世界的により広い視野が求められる課題となったSDGsは、SDGs未来都市構想を促進することで達成に近づくでしょう。 脳科学分野• SDGs未来都市および自治体SDGsモデル事業一覧 そもそもSDGs未来都市は、各年どのような提案内容で選ばれているのでしょうか。 今回は、都市や自治体に対する国の取り組みの 1つである SDGs未来都市構想の概要と、これまでに選定された都市の一覧、および SDGs未来都市と関係深い 自治体SDGsモデル事業についてもお伝えしていきます。

7

地方創生SDGsに関する動画 地方創生SDGsの推進に関する取組の普及啓発を目的に、内閣府が推進する施策等を紹介する動画を公開しています。 中でも沖縄県はこの年、『石垣SDGsプラットフォームを活用した「離島におけるSDGs課題解決モデル(=石垣SDGsモデル)」構築事業』という、離島ならではの課題をSDGsを活用して解決する取り組みを提案しました。 5項目それぞれに複数の個別指標があります。

12

ステークホルダーからの関心の高まり SDGs未来都市に選ばれると露出機会が増えます。 今年は33都市が「SDGs未来都市」に選定され、このうち、宮城県石巻市、東京都豊島区、石川県金沢市、三重県いなべ市、京都府亀岡市、大阪府・大阪市、大阪府富田林市、岡山県倉敷市、愛媛県松山市、沖縄県石垣市の10都市が「自治体SDGsモデル事業」に採択された。

9

SDGs未来都市は都道府県単位での応募も可能となっており、北海道が 4エリア、神奈川県が 3エリア選定されました。

3