ピックアップ トラック。 【車×キャンプ】これからはもしかしたらピックアップトラックの時代なのかもしれない。

たま~に街中でGMCのロゴの付いたSUVやバンを見かけることもありますね。 ジープのピックアップトラックは初のラインナップではなく、ずいぶん昔に同名「グラディエーター」として生産されています。

3

) この記事で取り上げている車種のスペックや性能は、グレードによって変わります。

11

そのため、彼らはピックアップトラックを自分たちの努力の象徴とし、誇りを持って乗っていることが分かります。 さらにこのシステムは、極端な外気温や高負荷下でもバッテリーを持続的に使用できるとしている。 実はコレ、全米で2番目に売れている車だ(1位はフォードFシリーズ)。

10

きっかけは、ジープチェロキー、GMシボレータホ、フォードエクスプローラなどのSUVブームだ。 現在の日本以上に、ピックアップトラック市場が活性化されているのが、本場のアメリカです。

19

現行モデルではラグジュアリー感が高められているのも特徴で、インテリアには大型の12インチモニターを装着可能とするなど、ピックアップトラックの商用イメージとは大きく異なる領域へ到達しています。 普通の乗用車はアウトドア用品などは積みづらいため持ち運びに困っていました。

7

ボンネット上にはエンジンに合わせエアインテークやパワーバルジが装着され、現代流アメリカン・マッスル車でもあります。 このボディタイプはアメリカでのユーザーカテゴリーは4~6人家族向け。 しかし、最近になりトヨタがハイラックスのピックアップトラックを復活させるなど、徐々にピックアップの注目度が上がってきました。

15

シェル搭載でハイラックスの魅力をグレードアップ 「ルックス・走行性能・安全性能・低燃費性能を兼ね備えた新型ハイラックスがベース」 「キャンパーシェルが荷物扱いなので、自動車税などの維持費がかからない」 「キャンパーシェルを脱着して、2WAYの使い方ができる」 「アルミサイディングのシェルデザインがアメリカンでオシャレ」 「走破性の高い4WDでアウトドアレジャーを満喫できる」 さまざまな魅力にあふれた新型ハイラックスベースのトラキャン JキャビンHは、外遊び好きのアクティブなユーザーにピッタリの個性派キャンピングカー。

1

しかもすでにTRDプロの2020年モデルが発表されていて、既存の3種に加え フルサイズSUV「セコイア」も追加されるとか…。

12

(生産終了)• また、その機能性・走破性が買われ、悲しいかな 戦争の道具としても利用されています。 さて、ぼくもこれまでピックアップトラック関連の記事をいくつか書いてきましたが、 「フルサイズピックアップトラックをちゃんとおすすめした記事」ってないなぁと思い、改めて書くことにしました。 さらに雨や日差しをしのげるオーニングが付いたタイプも。

16