転 スラ。 転スラのリムルの強さがチートすぎる。スキルと配下四天王をまとめ。

なお、続きの第2部(第37話~)は2021年7月より放送予定、4月6日(火)からは『転生したらスライムだった件 転スラ日記』がスタート! 引き続きお楽しみに。 明確な記憶はないが転生者であり、パンクファッションを身に着ける。

(C)伏瀬・川上泰樹・みっつばー 「ヴェルドラの威光を使わせもらうことはあるが……それ以前に、あいつはただの友達だ」 この世界に来てから、初めてできた友達。 書籍化の話は「」に応募中の2013年11月で、評価ポイントは高くとも問題が山積みで練習のつもりで書いていた本作にオファーが来るとは思っていなかったことを、伏瀬は明かしている。 優れた空間認識力と高い精度で勝敗を読み解けるユニークスキル「大元帥(スベルモノ)」を保有し、の権能を元にした光と熱を支配して加速させる究極能力「陽炎之王(アマテラス)」を獲得する。

書籍2巻でリムルの配下となり、リムルの名付けにより鬼人族へ進化して紫の瞳に黒曜石のような一本角が生え、長い紫髪をポニーテールにした身長170センチ程の巨乳なモデル体型となる。 人間の初の幹部であり初の文官であるため、さまざまなトラブルが心配されたが、人心掌握にも長けており杞憂となる。

9

転生したらスライムだった件(転スラ)の漫画の18巻には、 79話~82話が収録されます。 。 その後エレンにより「おとぎ話」として「ペットの竜を失った少女が怒りにより大量虐殺を行った際に魔王進化が起こり、魂の繋がりがあった竜も死亡後の状態に関わらず進化し蘇生した」という物語が語られる。

仕事を押しつけてリムルの側にいるために勧誘した悪魔族から成る黒色軍団(ブラックナンバーズ)を率る。

しかし勇者マサユキは魔王討伐を行う心づもりであるという噂もあり、マサユキの名前から召還者であることを予測したリムルは話し合いの場で解決することを望み一切の手出しを禁じる。 [個人情報の取り扱いについて]• リムルの活躍によりイフリートを捕食者によってシズから引き離し、暴走を抑えることに成功。 かつては テンペストの総力を上げて、一日中戦い続けても討伐できず、リムルですら決めきれなかった正真正銘の怪物。

18