日 向坂 文庫。 日向坂文庫

誉田哲也さんの他の本もぜひ読んでいってみようかなと思える作品でした。 そんなことを考えながら、私は毎日強い香水を手首に振りかけて外へ出る。

12

まあ、恋模様は主軸でないのでほとんど語られませんが。 陽と陰で分けるなら陰の側であろう宏伸の恋心をざわつかせるのには十分な人員です。

7

東北に引っ越す。 まあこの点に関しては完全に私の偏見が入ってますが。 あとは時代小説が強い出版社のイメージ。

7

2月が愛車の車検日なので、昼間に整備屋さんに持っていきました。 とにかく本当に、めちゃくちゃ売れているのだ。 映画では舞台設定を現代に移し、主人公・三上を役所広司さんが演じます。

2

5年後の私、10年後の私はどんな人だろう。

ライブをしたり握手会をしたり、ありがたいことに応援してくださる方と関わる機会が多い。 こういう売り方には恐らく批判的な意見もあろうと思う。

8

まさに親友と呼べる本。

作中最後において、宏伸の「自分は何を頑張ればいいのか」という問いに対して、温子は 「ただ・・・・・・何をやろうか迷ったら、考えてみりゃいいんだよ。

14