源氏 物語 車 争 ひ 現代 語 訳。 源氏物語『車争ひ』解説・品詞分解(3)

源氏の生き写しの皇子を前にして、藤壺は恐れおののくが、事実を知らない帝は皇子の誕生を手放しで喜んだ。 [現代語訳] 「姫君は、どんなに寂しがっていることだろう。 「侍従はどうしました。

まとめ いかがでしたでしょうか。 動作の主体である大宮(葵の上の母)を敬っている。

8

源氏物語は、約千年前紫式部によって書かれた世界最古の恋愛小説です。

20

」とて、にはかにめぐらし仰せ給ひて見給ふ。 「これは、さらにさやうにさし退けなどすべき御車にもあらず。 疲れてしまった」 と言って源氏は寝室へはいった。

17

榻などもみな押し折られて、(轅は)何ということもない車の轂に掛けてあるので、またとなく体裁が悪く、悔しくて、何のために来てしまったのだろうと思うが(、今になって悔やんでも)無駄である。 気の毒であるからくわしい描写はしないことにする。 「聞く」の尊敬語。

5

[現代語訳] その夜、大臣の邸宅に源氏の君を退出させなさった。

18

これは秋のことであったからことに物事が身に 沁 ( し )んで思われた。 係り結び。

9