華蔵寺 公園 事故。 国鉄C61形蒸気機関車20号機

12年には開花宣言の基準木も枯れていたため撤去している。 2015年(平成27年)5月3 - 31日までの土・日・祝日(4・10日を除く):信越本線・( - 間)「 C61ばんえつ物語」 C57 180の全般検査施工により、上記期間当機が「SLばんえつ物語」の代走機として活躍。 冬季の旧型客車牽引を想定して、用の蒸気管も復元整備が行われ、使用が可能になっている。

4

当機の外観は、に青森機関区に戻ってきた頃の姿をベースとし、前照灯はD51 498やC57 180と若干異なり、大型のLP403形と小型のLP42形の中間の大きさを持つ、旧型電車で使用されていた LP402E形に交換され、前面側左手には式の副灯LP405形を追加、そしての常備化という、いわゆる 東北形重装備を模した復元がなされている。 今回は、前回の小旅行(伊勢崎編)で訪れることができなかったへ行ってみました。

新潟 - 会津若松間を1日1往復した。 現役時代には現在ほどのブレーキ率の規定がなく、所定の走行条件において600 m以内で停止できれば足りた。 4月25日に故障から復帰し、この日同センター内に到着してから初めての報道公開を行った。

4

- 交友社『鉄道ファン』 railf. 伊勢崎市のシンボルとなっている大観覧車「ひまわり」に乗りました。

5

伊勢崎の地にやってきたのは年明けの1月17日、その後当地で組立作業が行われ、静態保存機として展示が開始されたのは3月に入ってからのことである。 上記の2012年での運行に続いて同区間2回目の走行となる。

2011年(平成23年)6月の土・日曜:上越線(高崎 - 水上間)「 SL C61 復活号」 旧型客車6両を牽引、期間後半はを装着せずに運転。

1

の12系客車6両を牽引した。 当機の復元により、かねてより課題だった大型蒸機によるイベント運行に対して柔軟に対応できることや、前述のトラブルなどに際しての代走がスムーズに行えるなどのメリットが生まれている。