苦 土 石灰。 苦土石灰って何?効果・メリット・デメリット・使い方など基本情報まとめ

日本は降水量が多いため、土壌も酸性に偏りやすい性質があります。

17

家庭菜園で用いられる石灰は消石灰といい、これは大昔に生息していたサンゴや貝の殻が長い年月をかけ堆積して形成された石灰岩を加熱し出来た生石灰に今度は水を与え反応させたものです。

1

苦土石灰を土壌に撒くときには、風で飛ばされてしまうと正確な量が把握できなくなってしまいます。

14

石灰には強力な消毒効果があると思われている方もよく見受けられますが、これは鳥インフルエンザが発生した際の消毒に石灰が用いられている映像がよくテレビで放送されていることなどが影響していると推測されます。 またpH値を1. つまり同じ畝で育てるのは好ましくありません。 中和の強さ:強い 特 徴: 生石灰を水と反応させたもの アルカリ分60%以上 効果がすぐ現れるが根に触れると傷むので施し過ぎに注意。

13

苦土石灰は、カルシウムやマグネシウムの栄養補給だけでなく、土壌の酸性濃度を中和する働きも併せ持つので、苦土石灰を多量に散布することで土壌がアルカリ性に傾きすぎ、かえって作物を弱らせてしまう可能性もあります。

植物は酸性土ではリン酸の吸収が阻害されたり根が傷んでしまったりしますが、アルカリ土ではマグネシウムや鉄の吸収が阻害され光合成ができなく弱ってしまいます。 こうすることで前年度発生した病害虫や雑草の繁殖を防ぐことができます。

4

。 粉状の苦土石灰ではなく、粒状のものを選ぶと、散布しやすいですよ。 中和の強さ:強い 特 徴: ドロマイトという岩石が原料 アルカリ分53%以上 微量要素のマグネシウムを含み補給にもなる。

1