アンネ ナプキン 広告。 月経帯時代の生理用品と広告

その話をうかがって、私も心にストンと落ちるものがあった。

6

巻末の 前半は月経の社会史。 少し前までは医師が安い布で作って使い捨てにしてもよいと言っていたのですが。

6

お目当てのアンネの広告が。 Mさんは11歳のとき満州で終戦を迎え、路上で煙草売りをしながら何とか生き延び、帰国を果たした。

例えば、本気と書いて「マジ」とか女性と書いて「ひと」のように、 その漢字から受けるイメージとは違うイメージを起こさせるために 必要なルビだったのではないかと思います。 坂井泰子さんが成し遂げた日本の生理用品革命は、まさにノブレス・オブリージュ(高貴なる者が果たすべき義務)だったのだと。

美容・ファッション ・競馬ポマード(小倉商事) 美容・ファッションの1つ目は、「香水の役目を果たす!」という「競馬ポマード」の広告です。 私はアンネの関連書籍で少し見ただけなので、 是非とも自分で実際にアンネの広告を見たい!!! そう思いまして、古本の街で有名な神保町へ行って、 古い女性雑誌を探してみました。 歴史 [ ] ライオン子会社時代に販売されていた「エルディナプキン」• 説明書によるとこの開いた一番上の層がサニタリーベールという 「ナプキンを包んだ綿の布でお肌にやさしくなじむ」とあります。

16

の広告を、それに対しアンネの登場から2年後に 生理用品の製造販売に乗り出したユニ・チャームはチャームナップノンの広告を載せています。

3

生理が来ない、何ヶ月も止まっているという場合、 原因は生理不順だけではなく妊娠した場合も考えられます。 前宣伝を一切やらないという方針にこだわった渡は、当初の発売予定日に合わせて、広告代理店や新聞社と契約を交わしてしまっていたのだ。 そして布ナプキンについては少し、モヤモヤする所もあり。

6

月経帯は他の衣類と同じように一度購入すれば何回も使用できますが 脱脂綿は違います。

11

坂井泰子は、それまでは市井の発明を企業に紹介するサービス会社を経営していた。 日本女性の生活を大きく変えた画期的な商品「アンネナプキン」。

12