アメリカ 大統領 歴代。 アメリカ大統領歴代の就任年齢・在任期間一覧/アメリカ大統領歴代研究ポータル

ソ連がキューバに核ミサイルの基地を作っていたことが判明し世界は核戦争の危機に陥っていた。 - ホワイトハウス• 40代目ロナルド・レーガン Ronald Wilson Reagan 在任期間 [1期目]1981年1月20日〜1985年1月20日 [2期目]1985年1月20日〜1989年1月20日 所属政党 共和党 経済政策で規制緩和と減税を推し進めた。

16

かなり議会との対立が目立つ人物であり、アメリカ大統領としては初めての弾劾裁判を受けることとなってしまった。 また、彼は政治家としてだけでなく、建築家としても才能ある人物でした。 戦争による差別政策などを実行させたために「戦争犯罪人」とも見られるように評価が大きく分かれているが、偉大な大統領であることも確かだ。

は形式的にはであり、によって大統領及び副大統領がペアで選出される選挙制度となっている。 アメリカ合衆国の選挙法 では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動及び寄付)を認めておらず 、これらの行為は違法である。 功績もお世辞にも多くはない。

10

2017 大統領就任式• ガーフィールドが就任した頃、アメリカの政府の腐敗が進んでおり、勝手な人事、企業との癒着が深刻化しており、ガーフィールドはそんな政治体制を改善するために力を尽くしていった。

7

32代目フランクリン・ルーズベルト Franklin Delano Roosevelt 在任期間 [1期目]1933年3月4日〜1937年1月20日 [2期目]1937年1月20日〜1941年1月20日 [3期目]1941年1月20日〜1945年1月20日 [4期目] 1945年1月20日〜1945年4月12日 所属政党 民主党 世界恐慌を打破したニューディール政策と第2次世界大戦でアメリカを勝利に導いたことで歴代屈指の人気を誇る。 1829-1837• しかし、後に8年も続くこととなるベトナム戦争のきっかけとなる「トンキン湾事件」がアメリカ政府の自作自演だと判明すると一気に人気も落ち、退任に追い込まれてしまった。

9

ジョンソン大統領は、その強硬な態度や同じく奴隷制度の支持、アメリカ先住民の迫害のため評価が低くなっていると考えられる。

1