梅雨 明け 九州 2019。 気象庁

九州南部の梅雨入りと梅雨明けの予想 九州南部の梅雨入りと梅雨明けの折れ線グラフ 以下のグラフは、気象庁の出している情報 「」 をもとに作成したグラフです。 その原因は、沖縄の南海上で発生した台風7号が、全ての積乱雲を一緒につれていけなかったことにあります。

16

九州といえば、集中豪雨のことをたくさんの人たちが思い浮かべるでしょうが、平成30年の集中豪雨は、九州だけにとどまらず、西日本から北海道、中部地方を含む全国に広範囲に打撃を与えました。 1951年からのデータを見ていくと、 平年値と実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、 年によってばらつきがあるのがわかります。

4

過去68年間で6月下旬に梅雨明けした年は1度だけであり、6月中に梅雨明けが訪れるのはとても珍しいケースであることがわかります。 43k件のビュー• 九州の梅雨の特徴は? 九州の梅雨は例年大雨になる傾向が強いので要注意です! 九州の梅雨の特徴は、 梅雨前線の勢いが強いまま残るので、 雨が降ると大雨になる傾向が強いです。 晴れが1週間以上実際に続いた時• この豪雨では、7月5日〜6日、福岡県と大分県で 集中豪雨が発生しました。

9

観測史上1位)• 逆に梅雨の期間が一番短かったのは1978年と2017年のの23日間。 北部の集中豪雨による降水量 降水量の話になると、九州では 集中豪雨が話題に なりますが、2018年に発生した集中豪雨は、 実は、日本全国に及ぶ非常に大きな集中豪雨と なりました。

13

実は、「 梅雨入り」について、 明確な定義というものはありません。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。

12

それは私たちも自由に見ることができます。 これらのデータから予想すると、 2019年の九州北部の梅雨入りは5月31日前後から6月11日前後のあいだになりそうです。 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。

5

九州・福岡が梅雨明けをしてから、およそ1週間後ぐらいすると本州でも梅雨明けとなることが多いです。 バナー写真:近畿地方が梅雨明けし、日傘を差して歩く人たち=2020年7月31日午後、大阪市北区のJR大阪駅前(時事). 農作物にとっても、 わたしたちの生活にとっても、 梅雨の時期はないと困るものなのです。 これらのことを考えると、 2021年の九州地方北部の梅雨明けの時期は7月15日から7月27日の間くらいになるのではと考えられます。

梅雨入り:平年、 5月31日• まずは九州地方南部の梅雨の期間のデータについて、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータをチェックしてみましょう。

7