エトピリカ。 エトピリカ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

分布:北太平洋に広く分布• 1980年代にはイカ類の流し網漁だけでも、年あたり123,000羽が混獲されたと推定されている。

ちなみに大きさは全長で約40cmとされています。 この嘴の装飾が繁殖期だけにあることは知られていても、繁殖期の終わりに外れることはあまり知られていないでしょう。 学名: Fratercula cirrhata• 日本の水族館では他に福島水族館・大洗水族館・鴨川シーワールドにてロシア産のエトピリカが 50羽ほど飼育され繁殖もしているそうです。

9

ここはエトピリカに似ていますね。

11

足は橙色で、顔と足以外の全身は黒い羽毛におおわれる。

あちらはヨットがベースでパドリングもやるかも「セーラー」が記事を作っているので、双方読み比べをしてみたも面白いかも知れませんね。

頭部が鮮やかに彩られる様から花魁鳥という別名もある。 雛の人為的導入とは 雛の人為的導入とはどんな方法で行われるのかを説明いたします。

10

ウミスズメの仲間。 多くの鳥では、上嘴、下嘴それぞれが1枚の角質の鞘に覆われていますが、エトピリカ、ツノメドリなどのウミスズメ科の鳥のいくつかや、ペリカン類、ペンギン類の一部などで、角質の鞘の一部が繁殖期の間だけ大きくなり、繁殖期が終わると落ちてしまうことが鳥類学の教科書に書かれています。 巣は崖上部の草地に穴を掘り、1卵を産みます。

16