コロナ 飲食 店 ガイドライン。 飲食店のコロナ対策、ガイドラインが一部改正。3密を避け、感染を予防するには?

モバイルオーダーは事前の注文を通じて店舗滞在時間を縮小させることができるサービスです。 店舗の入り口には除菌マットを設置し、靴底を除菌できるようにしたほか、入店時には手をかざすだけで使える自動アルコール噴出機での消毒を用意しています。 トイレにも注意を配ることが必要です。

10

カウンター席は密着しないように適度なスペースを空けるか、カウンターテーブルに隣席とのパーティション(アクリル板等)を設置するなどし、横並びで座る人に飛沫が飛ばないよう配慮する ・テーブル席は、真正面の配置を避けるか、または区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫する ・少人数の家族、介助者が同行する高齢者・乳幼児・障がい者等が同席する場合で、上記の対応を行わない場合にあっても、他グループとの相席は避ける ・グループ間の安全を確保するために、他のグループとはできるだけ1m以上の間隔を空け、店舗内のスペースや構造上、物理的に間隔を空けた席の配置が難しい場合は、パーティションの設置や、スペースに余裕がある場合は斜めでの着席などを工夫する。 画像素材:PIXTA 日本フードサービス協会は11月30日、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づくを改正したと発表した。

9

奈良県奈良市:ガイドライン遵守啓発チラシ 奈良県奈良市では、飲食店向けに、日本フードサービス協会に準拠した「感染拡大予防ガイドライン」の遵守を呼びかける 啓発チラシを作成しています。 現場の状況に配慮しながら 「3密(密閉・密集・密接)」を回避し、手洗いなどの一般衛生管理の徹底、ソーシャルディスタンスの確保といった取り組み内容が盛り込まれています。 また、営業を行っている店舗でも衛生維持の対策が店舗によって異なっていたり、お客さんとの間でトラブルになったりと、コロナによるマイナスの影響は避けられていません。

20

jp」が6月から7月にかけて実施した「飲食店新型コロナ感染対策アンケート」によると、手指消毒用アルコールの設置、テーブルや座席の消毒、店内清掃を実施・強化している店舗は 7割以上に上りました。 大阪市にある「元祖ぶっちぎり寿司魚心 梅田店」では、従業員に対し出勤時の検温、店舗でのマスク着用や手指消毒を義務付け、調理人も必ず手袋を着用しています。 そのほかにも飛沫感染防止のために、ダンボールの手作りの仕切りを設置するなど、同店では独自のコロナ対策を実施しています。

各自が店舗にウイルスを持ち込まないよう、従業員は必ず 出勤前に体温を計る習慣をつけることが必要です。 日常の消毒方法については、下記よりご確認いただきますようお願いいたします。 本ツールは、時間別混雑予測とリアルタイムの席情報のデータから混雑予想を算出し、来店を考えているユーザーに混雑予想を伝え、来店時間を調整してもらい混雑緩和に繋げることが目的です。

10

また、具体的な用途や使用上の注意については、製品に記載された情報を確認の上、正しくお使いください。 現時点では、お隣の韓国のガイドラインが参考になります。

1

生ものを扱う飲食店であるため、感染対策には特に気を配っています。 またデリバリー・テイクアウトのガイドラインでは、厚生労働省や東京都福祉保健局をはじめとする官公庁や自治体発表のガイドラインも加味している。

4

万が一従業員が新型コロナウイルスに感染したり、感染者の濃厚接触者であると判断されたりした場合、就業は禁止します。 本来なら、業界団体や国が営業に関するガイドラインを作るべきなのですが、まだ、明確なものはないようです。

3