シモヘイヘ。 シモ・ヘイヘとは (シモヘイヘとは) [単語記事]

ソ連軍が有利の状況の中、フィンランド軍は、カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム元師の下、必死に抵抗します。 (より抜粋) まぁ、このへんもすごいのでしょうが、ハンター的にはピンと来ません。

12

この銃口に狙いを定められたら、ほとんど逃れられなかったという 規格外な戦歴が今も語り継がれています。

18

というのもアポロンは登場する神の中で唯一の弓の名手でどんなに遠くの的も射抜けたといわれているので、この点は非常にシモ・ヘイヘとの戦いとして面白くなるでしょう。 これは、敵兵の銃撃が唇から左顎を貫通し、重傷を負ったためです。 スコープなしでも、300m以内であれば確実に敵兵の頭部を狙撃することが可能でした。

13

20歳になると、兵役義務によりフィンランド国防陸軍に入隊し、兵役後は在郷軍人となり白衛軍に所属しました。 『白い死神』p35• しかし、この顔は1940年の戦闘中の負傷により、大きく変わってしまいました。

3

また、部下のたちからはその胆さと気遣いから非常に慕われ、「(パッパ)」と呼ばれた。

14

気をつけろと叫んだ兵士が次の瞬間にヘッドショットされた• 』 『鳶目兔耳』 『苦悩というものは前進したいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。 」といったとか。 そのまま退役し、猟師兼として余生を過ごした。

なんとも厨二病ごころをくすぐられる二つ名ですね、当方もうアラフォーですが! そんな二つ名が欲しいものです。 KPサブマシンガン ヘイヘはサブマシンガンの名手でもあったそうです。 記事を読んだヘイヘは、家族に「主役がいないから葬式は待ってくれ」と手紙を書く羽目になりました。

12

病院へ搬送される際、はじめは軍の小舟に仰向けに乗せられていたが出血がひどく窒息の恐れがあったためうつ伏せの状態で運ばれた。

4

これらの戦歴は参戦してから負傷するまでの 約100日間の出来事である。 木綿のおむつだと気持ちが悪いから、おむつ離れが早いですよ。