蒼 崎 橙子。 苍崎橙子

自身が敗れたときでさえ、人形作りの技術を用いて、それを補うための切り札を用意しています。 剣術の腕前はが定める「」剣道五段相当 である。 両儀家とは違い、現代においては異能を封じ込めることを目指し、藤乃に大量の薬物を投与して感覚と共にその能力を封じる。

9

主要人物として登場するのは現在「空の境界」「魔法使いの夜」のみです。 その際、左右両回転の「歪曲」を行使する浅上藤乃を危険視していた。 また、彼オリジナルの「脳だけを生かす技術」を用い、臙条巴を含む小川マンションの多数の人形を製作した。

5

S3Dクリエイター - 佐々木弥生(IMAGICA)• 空の境界をご存知の方にとっては「なぜ士郎が戻ってきたのか」という疑問に対しての答えを示した展開でしたが・・・ちょっと待ってください。 依頼内容は事件の犯人の保護、あるいは殺害。

7

も参照のこと。 TYPE-MOON作品のファンは、「蒼崎橙子」の名前を見ると、もしくは彼女らしき人物の存在を読み取ると、TYPE-MOON制作の各作品のつながりを感じ取ることができます。 なお終章では、「式」や「織」とは異なる第三の人格が現れている。

6

起源は「虚無」。 しかし荒耶はこの後、自身が成功を確信した計画の欠点をつかれ、敗北します。 「空の境界」や「魔法使いの夜」のキャラクターとの絡みだけでなく、他のキャラクターとの作品も人気です。

18

『』のアニメ化が決まっていたこともあり、キャラクターデザインを当時の武内崇の絵柄に近づける試みが行われた。 この項目では、長編伝奇小説および同作を原作とする作品群「 空 ( から )の境界」について説明しています。 巴の父親のこともあってか、巴に対して高圧的な態度を取っていた。

5

その為、HP上では矛盾螺旋の段階で一応の幕とした。 橙子が「冠位」を持っているのは非常に偉大なことです。 ただこれに関しては、の従業員やその、ンセの患者などに対して自らがだと明かしてしまっている実のや、「」にて養子にしようとしていたに対して「はなんだ」と明かしているなども考えると、自分に近いや接するのにが関連しているに対しては警が甘いのがのなのかもしれない。

1

学生寮火災の際に焼死した。 また、「空の境界」ではロングヘアをポニーテールにまとめラフな服装をしていたり、「魔法使いの夜」では髪をショートカットにして緑色のドレスを来ていたり、外見の変化の多いキャラクターでもあります。

6